FC2ブログ

イギリスに着いてから早くも一月経つ、その間俺のパソコンはずっとネットに繋げずふびんな思いをしていたのだが、先日近所に住んでいるJにPCを診てもらい20秒ほどで直してくれた。一度知ってしまえば、なんだこんな単純な事かとなるが、知らない内はどうしょうもない。とにかく親切が服を着て歩いている様なJに感謝。数時間後、彼はつくねと餃子でお腹いっぱいのままプール(ビリヤードの一種)をしに出かけて行った。お疲れさまとソファーに座った自分も10分後には鍵を失くしたRの家に、二階の窓から侵入する手助けにいく羽目になり、重たいお腹を抱えてRの家のあるながーい坂を見上げていた。

2週間ほど前にBristolに住んでいるMの所に訪問してきた。
Mは俺のSummrehill時代に子供たちの面倒を見ていた人で、今はCranial-sacral therapy の治療士育成の指導をしている。
彼の所に遊びに行く名目はその学校について話を聞くことなのだが、醍醐味はその他色々。
俺の訪問する日、同じ町に住んでいるAlのもとにAdとJaが遊びに来ていたのでみんなで落合う事に。
町の中をはしるナントカ川の土手に座りビールを飲みながらワイワイやっていると長いこと逢ってなかった時間があっという間に縮まる。

次の日の朝、MとパートナーのJe2人に治療してもらった。めったに休日が取れない2人の事情は知っていたので治療のことは口に出さずにいたのだが..感謝、感謝。
世界で屈指の治療士2人に同時に治療を施され、彼らの技術と自分の距離を垣間見た。学生生活が待ち遠しい。

イギリスに着いてからの体の調子は悪くない。水泳の後は体の調子がしばらくの間改善することに気づいてから、仕事の無い日はなるべくプールに通うようにしている。


ブログをたまにしか書いてない分、文に残せない事が色々と残る。
鳥や爬虫類はくしゃみをするのだろうかとか、くさい納豆を作った過程だとか、蜘蛛にも遊び心があるのではないのかという疑惑など人生の面白いところが抜けてしまう。
姉のように思ったそばからバンバン書いていると文に余裕が出てくるのだろう。
何事も、味や深さは一見重要な事と事の間に感じるものだが、限られた枠を作るとどうも事実ばっかりが優先してしまう。
スポンサーサイト



12:04 | 未分類 | comment (-) | trackback (-) | page top↑